横浜マリアクリニックの
ワキ脱毛

ワキ脱毛は今や常識?

医療脱毛でも低価格だから気軽に始められる

ワキ脱毛は低価格のお試しプランもあり

両ワキは、自己処理をする頻度が非常に多く、多くの女性がムダ毛について気にしている部位です。
そのため、脱毛に興味のある方からも「せめてワキ脱毛だけはやってみたい!」という声を多く耳にします。

横浜マリアクリニックでも多くのお問い合わせをいただいておりますので、お得な「お試しプラン」をご用意しております。

医療脱毛の入り口として、ワキ脱毛から始めてみませんか?

自己処理が不要で綺麗なワキに

ワキ脱毛で自己処理不要に

ワキのムダ毛処理で厄介なのは、毎日毛を処理しても、「ワキが黒ずんでいてノースリーブや短い半袖は着られない!」といった状態になってしまうことです。
こういったワキの黒ずみ(色素沈着)や肌荒れ、埋没毛といった肌トラブルは、自己処理が原因で起こります。

ワキを医療レーザー脱毛することで、自己処理の必要がなくなり、つるつるの白く綺麗なワキが手に入ります。
また、ワキの下に雑菌が溜まりにくくなるため、ニオイが軽減されるという効果も期待することができます。

横浜マリアクリニックのワキ脱毛おすすめポイント

効果の高い医療レーザー脱毛機で永久脱毛できる

横浜マリアクリニックで永久脱毛

ワキ脱毛は、脱毛サロンでは数百円~など格安のプランがよく見受けられますが、サロン脱毛やエステ脱毛では「永久脱毛」することはできません。
特にワキの毛は、毛周期(毛が生え変わるサイクル)が長く、脱毛が完了しにくいという特徴があります。サロン脱毛で「脱毛できた!」と感じても、多くの場合再び毛は生えてきます。
医療機関のみが扱うことを許可された強い出力のレーザーが毛根の細胞を破壊することではじめて、永久脱毛することができるのです。

横浜マリアクリニックでは、最新の医療レーザー脱毛機を導入することで、しぶといワキの毛でも永久脱毛することが可能です。
また、施術スタッフの技術力にも自信があります。
お一人おひとりの肌の状態を見極めて照射しますので、安心してお任せください。

痛みを最小限に抑えた脱毛施術

横浜マリアクリニックの脱毛は痛みを抑えた施術

「ワキ脱毛は痛い」そんな話を聞いたことはありませんか?
確かに、ワキのような毛が太く皮膚の薄い部位は、脱毛時に痛みを感じやすいと言われています。

横浜マリアクリニックは、痛みの少なさにこだわって選んだ脱毛機を使用するだけではなく、照射時にも工夫を凝らして、施術時の痛みを最小限に抑えています。
初めは不安に感じていたという患者様からも「思ったより痛くなかった!」という声を多くいただきます。
痛みで脱毛を躊躇されている方も、どうぞご安心ください。

ワキの黒ずみや肌荒れがあってもご相談ください

ワキの黒ずみがあっても横浜マリアクリニックにご相談ください

これまで繰り返してきた自己処理で、ワキに黒ずみや肌荒れがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

横浜マリアクリニックでは、色素沈着による黒ずみのあるお肌でも脱毛ができる、最新の医療レーザー脱毛機を導入しております。
また、多くの施術を行ってきた熟練のスタッフが、お肌の状態を確認した上で、適切な出力で照射を行います。

他のクリニックや脱毛サロンで「肌の状態が原因でワキ脱毛を断られた」という経験がある方も、まずは一度横浜マリアクリニックへご相談ください。
(※お肌の状態によっては、脱毛が受けられない場合もございます。)

横浜マリアクリニックのワキ脱毛がTV取材を受けました!

横浜マリアクリニックのワキ脱毛がTV取材を受けました!

美容医療のリアルな姿を紹介するBS-TBSのTV番組「美容口コミ広場TV」でマリアクリニックが取材を受けました。
第16回放送の「脱毛編第2弾」では、マリアクリニック・グループ顧問の金丸博之医師が、ワキ脱毛について解説!

実際にワキ脱毛を体験していただきながら効果や痛みについて紹介しています。
初めての医療脱毛をご検討されている方は、施術の様子が分かりますので、ぜひ一度ご覧ください。

番組公式サイトでは、O.A.未公開映像も含めた番組のアーカイブ動画もご覧いただけます。

番組について詳しくはこちら (※外部サイト)

横浜マリアクリニックの両ワキ脱毛料金プラン

お得な両ワキ脱毛 セットプラン

横浜マリアクリニックのお得なワキ脱毛プラン

両ワキ脱毛の回数別料金

両ワキ脱毛施術料金
施術部位 1回ごと 3回 5回 終了後1回
両ワキ 6,480円 15,000円 18,000円 4,000円

ワキ脱毛の注意点

脱毛前の注意点

ワキ脱毛前の注意点

横浜マリアクリニックでは、施術の1~2日前にご自身でムダ毛を処理していただくようお願いしております。
ただし、間違った方法で自己処理をしてしまうと、肌が傷つき、施術の際の痛みや施術後の肌トラブルが起きやすくなってしまいますのでご注意ください。

おすすめは電気シェーバーでの処理です。刃が直接触れることがないので、皮膚の薄いワキに適しています。
カミソリを使用する場合は、刃が隠れているものやクリームなどでお肌の保護をしっかり行ってください。
また、毛抜きやワックスでの処理はご遠慮いただいております。
脱毛前は、必ず剃毛にてムダ毛を処理してください。

脱毛後の注意点

ワキ脱毛後の注意点

脱毛の施術後は、肌にレーザーによるダメージが残っているため、アフターケアが重要です。
とはいえ、難しいことはありません。ワキは日に当たる場所ではないので、保湿をしっかり行い、赤身や炎症があった場合はクリニックで無料で処方します軟膏を塗っていただければ十分です。

脱毛期間中の自己処理の際は、同じく電気シェーバーがおすすめです。
また、施術後一週間は、制汗スプレーの使用をお控えくださいね。

ワキに限らず、脱毛期間中は正しいケアを行えば、脱毛の効果をより実感していただくことができます。

自己処理の注意点

ワキを自己処理する場合には、よくある方法としてカミソリや電動シェーバー、除毛クリーム、毛抜きなどがあります。
それぞれ、医療脱毛やエステ脱毛とくらべると価格が安く、手軽に処理が出来るというメリットがあります。
しかし、効果があまり見込めなかったり、お肌へのトラブルには注意が必要であったりと、デメリットも多く存在します。

方法別に、具体的な注意点を見ていきましょう。

ワキ脱毛のためにカミソリを使う場合の注意点

1.カミソリで剃る

場合によって、毛の表面を傷つけるだけでなく、表皮を傷つけてしまう場合があります。そして炎症が起きた場合、色素沈着を起こしてしまう可能性があります。 処理を行う場合は、カミソリ専門のクリームをしっかりと塗ってから行いましょう。

ワキ脱毛のために毛抜きを使う場合の注意点

2.毛抜き

毛穴周辺の変形、炎症が起きやすいためおすすめは出来ません。
無理に抜いた際に、毛穴の周辺が盛り上がってしまうことや、カミソリと同じく炎症による色素沈着になる場合がございます。

ワキ脱毛のために除毛クリームを使う場合の注意点

3.除毛クリーム

除毛クリームに含まれる薬品は、毛だけではなく表皮にも働きかけるため、肌が弱い人は炎症やかぶれになり、大きな傷跡が残ってしまう場合もあります。

医療レーザー脱毛 詳細メニュー

ページの先頭へ戻る