脱毛方法の比較

脱毛種類別の比較

ムダ毛処理のための脱毛には様々な方法があります。
中でも、クリニックや脱毛サロンで主に行われている脱毛方法は、それぞれ大きく特徴が異なります。
方法ごとにメリット・デメリットを知ることで、「どこで脱毛を受けるべきか」「どのプランで脱毛するか」などの検討がしやすくなるのではないでしょうか?
まずは簡単に、クリニックの視点から3つの脱毛方法を比較します。

主な脱毛方法 医療レーザー脱毛 光脱毛
(エステ脱毛、フラッシュ脱毛)
針脱毛(ニードル脱毛)
方法 レーザーで発生した熱で、毛を生やす組織を破壊する。 毛包に熱を与えて、毛を生やす組織にダメージを与える。 絶縁針を毛穴ひとつひとつに差し込み、電流を流して組織を破壊する。
痛み 個人差やレーザーの出力度合によって差はあるものの、輪ゴムをはじいた程度の痛みと言われている。 ほぼ痛みはないが、部位によっては痛みを感じることがある。 通電の際に強い痛みを感じる。また、毛穴の数だけ施術するため、痛みを感じる時間が長い。
脱毛に通う回数 個人差や部位の差はあるが、5~6回で脱毛効果に満足することが多い。 10~20回以上で減毛効果が感じられる。
効果の維持には持続的な照射が必要。
毛量や部位にも左右される。広い範囲の場合、10回以上かかることも。
料金 光脱毛よりも高額だが、効果が早く出るので、少ない回数・期間で費用も抑えることが可能。 比較的安めだが、治療期間が長くなると、総額費用が高くなってしまう場合がある。 とても高額。分単位での料金設定が多く、毛が多いほど高額になる。
トラブル
アフターケア
医師が常駐しているため、万が一の肌トラブルに対して迅速な対応が可能。 エステや脱毛サロンの場合、医療行為を行えないため、処置(治療)ができない。 エステや脱毛サロンの場合、医療行為を行えないため、処置(治療)ができない。

医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛の最大の特徴は、「永久脱毛効果」があることです。
レーザーで発毛組織を破壊する脱毛方法は「医療行為」として法律で定められているため、医療機関でしか医療レーザー脱毛機は扱うことができません。

また、医療レーザー脱毛は「手が届かないほど高額で、耐えられないくらい痛い」というイメージもあるかもしれませんが、それは昔の話です。
近年の脱毛機の進歩によって、より痛みが少なく、多くの方に受けていただくことができる料金の医療レーザー脱毛が増えました。
その分、非常に安価な料金のクリニックも増えていますが、脱毛範囲が極端に限られていたり、肌に合わない機器で痛みが強くなったりと、トラブルの発生も多くなっています。患者様ご自身がきちんとご納得いただけるクリニック選びが非常に重要です。

そして、医療レーザー脱毛は脱毛方法の特性上、白髪には効果がありません。他にもほくろの毛は脱毛が出来ない点にご注意ください。

医療レーザー脱毛を受けるクリニック選びのポイント

医療レーザー脱毛を受けるクリニック選びのポイント

医療レーザー脱毛機と一言で言えども、脱毛機によっても特徴は異なります。
クリニックを選ぶ一つの基準として、どんな医療レーザー脱毛機を使用しているかはポイントになります。

例えば、横浜マリアクリニックですと、痛みの少ない脱毛機を厳選し、得意な分野が異なる2種類の脱毛機を導入してます。
これは様々な肌質や毛質に対応ができるような体制を整えるためです。
いずれの機器もアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる政府機関)や日本の厚生労働省の厳しい審査をクリアし、認可された医療レーザー脱毛機でもあります。

これらの機器を、医師の判断で患者様それぞれに合わせて使い分けることで、より効果的な医療レーザー脱毛を実現しています。

性能の良い脱毛機を使用するだけではなく、それに伴う技術力や診断力があるかどうかも重要な判断要素です。
横浜マリアクリニックでは、無料のカウンセリングを実施しておりますので、プランなどのご質問に限らず、脱毛全般についての疑問は何でもご相談ください。

光脱毛の特徴

光脱毛の基本的な仕組みは、レーザー脱毛とほとんど変わりません。
毛の黒い色素に反応する特殊な光(フラッシュ)を利用して、発毛組織に作用させる方法です。しかし、そのパワーの強さに大きな違いがあります。

医療レーザー脱毛とは異なり、光脱毛では発毛組織を破壊できるほどの照射パワーはなく、ダメージを与えるのみに留まります。
ムダ毛が生えるのが遅くなるなどの効果はありますが、永久脱毛は難しい施術方法です。
そのため、効果をキープするためには施術を受け続ける必要があります。

一方で、痛みがほとんどなく、機器によっては美肌効果も得られるというメリットがあります。
比較的低価格で始められるため、痛みにとても弱い方やレーザー脱毛を受けても新たな毛が生える可能性がある成長期の方には向いている方法とも言えます。

脱毛サロンの光脱毛と医療レーザー脱毛の違い

光脱毛と医療レーザー脱毛の違い

照射方法が非常に似ているにも関わらず、料金面では違いがあるため、何かと比べられがちな脱毛サロンの光脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛ですが、先ほどご紹介した効果以外にも大きな違いがあります。

それが「肌トラブルへの対応」です。
脱毛は肌に直接作用する施術です。そのため、どんな方法でも肌トラブルのリスクはあります。
脱毛サロンやエステで受ける光脱毛は、万が一肌トラブルが発生した際、医師がいないためにすぐに処置を行えません。別途病院に行く必要があります。

一方、クリニックには必ず医師が常駐しているため、万が一の際はすぐに処置をし、施術後には処方した軟膏をお渡しすることができます。
脱毛サロンなどでは、市販のジェルのみになるため、これも大きな違いです。

脱毛サロンやエステの光脱毛は始めやすい点が魅力ですが、大切なお肌を守るためには、万が一の備えについてもしっかり検討する必要があります。

針脱毛(ニードル脱毛)の特徴

針脱毛は「医療レーザー脱毛」や「光脱毛」と違い、1本ごとに処理を行います。
具体的には、プローブという細い針を毛穴に挿入して通電(微弱な電流)し、発毛組織を電気の熱で凝固させる治療法です。

1本ずつ確実に脱毛処理をするため、極めて脱毛効果が高いというメリットがあります。白髪やほくろの毛も脱毛が可能です。
また、レーザー脱毛と同じく永久脱毛効果がある脱毛方法でもあります。

しかし、デメリットとして激しい痛みを伴います。医療機関であれば麻酔が使用できますが、エステ等では麻酔を使うことができないため、耐えきれずに断念される方も少なくありません。
医療レーザー脱毛では、施術回数を重ねると痛みも少なくなりますが、毎回初回と同じ痛みがあることも特徴です。

また、1本1本を丁寧に処理する必要があるため、施術に時間がかかるという点もあります。
そのため、レーザー脱毛の仕上げなど限定された範囲で利用される方が多い脱毛方法です。

横浜マリアクリニックだからできる
2つの“医療”脱毛

横浜マリアクリニックだからできる2つの“医療”脱毛

「医療脱毛」と聞くと、これまでご説明した「医療レーザー脱毛」や「ニードル脱毛」の方が浮かぶのではないでしょうか。
横浜マリアクリニックでは医療レーザー脱毛だけではなく、「美肌脱毛」として光脱毛も扱っています。

基本的には永久脱毛効果のある「医療レーザー脱毛」の方をおすすめしておりますが、成長期の未成年の方や痛みに弱い方、手軽に脱毛を始めてみたい方には「美肌脱毛」もご案内しています。
脱毛サロンとは異なり、医療機関が行う光脱毛ですので、肌トラブルへの対策はきちんと行うことができる点が特徴です。
詳細はカウンセリングでお気軽にお問い合わせください。

もちろん、永久脱毛効果を求める方や毛量が減ってきた方は、光脱毛コースから医療レーザー脱毛コースへの切り替えも可能です。この場合は、痛みがより軽減できることもメリットです。

今回ご紹介した脱毛方法には、いずれもメリットとデメリットがあります。
患者様ご自身にとって最適な方法を見つけるために、横浜マリアクリニックでもサポートさせていただきます。
気になる点はお気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛 詳細メニュー

ページの先頭へ戻る