脱毛方法の比較

脱毛種類別の比較

多くのメリットを兼ね備えた医療レーザー脱毛

脱毛法別にメリット・デメリット・特徴を押さえておくことで、「どこ脱毛を受けるべきか」「どのメニューで脱毛するか」等の検討がしやすくなるのではないでしょうか?
最良の方法を選択する事で、より多くのメリットを享受して頂ければと思います。

主な脱毛方法 医療レーザー脱毛 エステ脱毛
(光脱毛、フラッシュ脱毛)
針脱毛
痛み 医療レーザーは痛みが少ないのが特徴。毛包に熱を与えて毛を生えなくするため、個人差やレーザーの出力度合によって差はあるものの若干の痛みはあります。ただ、その痛みはかなり少なく、輪ゴムをはじいた程度の痛みと言われています。 医療レーザー脱毛と同じくあまり痛みを感じないのが特徴。毛包に熱を与えて毛を生えなくするため、個人差やレーザーの出力度合によって差はあるものの若干の痛みはあります。 「絶縁針(ぜつえんばり)」という医療用具を毛1本1本の毛穴に差し込むように入れ、毛根や毛乳頭に高周波や弱い電気を流して破壊するため、通電の際に強い痛みを感じます。なお、痛みを和らげるため「冷却法」や「麻酔法」という方法もあります。
脱毛に通う回数 個人差はあるが5~6回が目安 個人差はあるが、10回以下で終了できることは極めて稀で、20回以上、何度やっても完了しないケースもある  
料金 効果が早く出るので、少ない回数・期間で費用も抑えることが可能。 初回契約料金は比較的安めの設定ですが、治療期間が長いため、総額費用が高くなってしまう場合が多い。 とても高額。分単位での料金設定が多く、毛が多いほど高額になる。
トラブル
アフターケア
万が一の肌のトラブルや痛みに対してすぐに適切な対応をします。 医療行為を行えないため、処置(治療)ができません。 医療行為を行えないため、処置(治療)ができません。

治療法別の特徴について

医療レーザーは「低価格・安全・短期間」の3拍子

医療レーザーは「医療行為」として国から認められているだけに、その脱毛効果は非常に高いものとなっております。その分、肌に与える影響も大きいため医師の監視下で治療を行うという基準が設けられております(エステ脱毛は「医療行為」ではありません)。

針脱毛と比較すると、効果が高く・痛みも少なく・傷跡も残りません。脱毛効果が圧倒的に高いためエステ脱毛や針脱毛に比べると短期間で治療を終える事が出来るのが特徴です。

また、医師の監視下で行われるということで安全性は非常に高いのですが、当院ではさらに「アレキサンドライト」と呼ばれるFDA認定※の機器を利用しているためより安全の治療を提供する事が可能です。

照射レベルが低いエステ脱毛

エステ脱毛は医療レーザー脱毛と同じように黒色に反応する「光」を仕様した脱毛方法でありますが、医療レーザー脱毛とは相当な違いがあります。

しかし大きく違う点として、「医療機関」ではないエステサロンでも扱えるように照射のレベルを落とすように義務付けられております。よって、デメリットとしてどうしても医療レーザーより脱毛効果が弱くなると同時に、治療にかかる費用・期間等が多くなってしまいます。

痛み・治療期間などデメリットが多い針脱毛(ニードル脱毛)

針脱毛は「医療レーザー脱毛」「光脱毛」と違い、1本ごとに処理を行います。具体的には、プローブという細い針を毛穴に挿入して通電(微弱な電流)し、発毛組織を電気の熱で凝固させる治療法になります。

1本ずつ確実に脱毛処理をするため、極めて脱毛効果が高いというメリットがありますが、デメリットとして、医療機関であれば麻酔が使用でるので問題ないのですが、エステ等は麻酔を使えないため激しい痛みを伴います。
また1本1本丁寧に処理する必要があるため、施術に時間がかかるため何度も通院しなければいけません。

医療レーザー脱毛 詳細メニュー

ページの先頭へ戻る