わきが手術(保険適用)・
多汗症治療

横浜でわきが・多汗症治療を受けることをお考えの方に横浜マリアクリニックの診療についてご紹介します。

汗をかくと、自分が臭っているのではないか、ワキの下だけ汗ジミができていないかと、気にしてしまう瞬間ありませんか? 臭いに対して敏感な現代社会において、わきが・多汗症はとても深刻な悩みです。

わきがのニオイは強烈で、わきが・多汗症でない人にとっては非常に不快なニオイです。 しかし困ったことにニオイに対し、本人が気がつくことは少なく他人に指摘されてはじめて気づくといった場合が多いようです。

特にわきが体質は遺伝しますので、ご家族にわきがの症状が見られる場合は要注意です。どんなに清潔にしても、 わきが・多汗症は、その人自身の体質の問題です。その臭いのもとを取り除かなければ、気の休まらない生活が続きます。 周囲の人が今、私の臭いを不快に思ってないか?臭いと思っていても言ってくれない…など、他の人の目を気にしてしまいますよね。 なので、心の悩みとも言われています。そんな気苦労も多く、不便な生活から解放することが可能です。

横浜マリアクリニックでは、保険診療によるわきが手術や切らない最新ワキガ治療「ミラドライ」を実施しています。わきがや多汗症でお悩みの方は是非一度お気軽にご相談下さい。

全国わきが手術・多汗症治療部門1位

わきが・多汗症について

わきがのイメージ

【わきが(脇臭)とは?】
わきの下から出る匂いが体質的(遺伝的に)に特徴的(鼻につく匂い)で、人に不快感をあたえてしまうことです。 欧米人の場合80%の方がわきが体質であるのに対して、日本人の場合約10%と非常に少ないですが、片親がわきがですと約50%、両親ともにわきがだと約75%の割合で遺伝します。
わきが治療手術は健康保険適用が可能です。保険診療によって安心して治療を受けて頂けますので、お気軽にご相談下さい。

【多汗症とは?】
匂いは気にならないが、だらだらわきの下に汗が流れたり、わきの下の黄ばみや原色のブラウスなどを着た時にできる汗じみが気になるといった症状です。 多汗症はわきの下だけでなく、手足、顔といった場所にもおこります。手や足の多汗症の治療法は、制汗剤や交感神経切除、抗コリン剤や抗不安剤の服用があります。

ワキの汗にはアポクリン腺から分泌される汗とエクリン腺から分泌される汗の2種類があります。 アポクリン腺から出る汗が、皮膚の雑菌によって分解されると独特な匂いがします。 これがあの嫌なニオイ、つまり腋臭(わきが)であり、黄色い汗じみの原因となります。

わきがの原因となるアポクリン腺は体の限られた部位、腋窩(最も多い)、乳輪、外陰部、外耳道に存在しアポクリン分泌することによって体臭を形成します。 また、多汗症はエクリン腺分泌に基づく、ワキの発汗過剰で通常臭いには関与しません。 ワキに浸潤環境を作ることにより細菌を増殖させ、間接的に臭いを増強させます。

わきが手術-治療の流れ

カウンセリング

症状の度合いの確認や施術方法のご説明などを行います。不安なこと・希望することなどご不明な点があれば遠慮なくお聴きください。

手術

ドクターが適時、目で確認し一つ一つ丁寧に汗腺を取り除いていきます。切開はしわに沿って行いますので傷跡が目立つことはありません。痛みに関しても麻酔が効いていますので感じることはありません。片わき30分程度で完了します。

帰宅・術後のケア

マリアクリニックのわきが(ワキガ・腋臭症)手術はダウンタイムが短い手術です。 手術は日帰りで、入院の必要はありません。 術後はテーピング(固定)をしますので、わきを濡らさないようにしてのシャワーは可能です。 翌日からお仕事に行くことも可能ですが、軽いデスクワーク程度で激しい運動などは不可となります。 手術後の通院は、約3日後に軽いテーピングに換えて、10日~2週間前後でテーピングをはずし、消毒・抜糸を行います。 抜糸後に、傷や色素沈着が気になる方には、薬が処方されます。 その後は、経過をみながら通院をしていただくことになります。

治療科目

剪除法(せんじょほう) * 保険適用可能 / 3割負担の場合片わき 20,000円程度

健康保険対応治療 3割負担で片側約2万円です

ワキの下の汗腺や皮脂腺、毛根を医師が直視して臭いの原因となるアポクリン汗腺を1つ1つ丁寧に取り除く方法で、健康保険診療によるわきが治療手術として唯一認められている手法です。
アポクリン汗腺を取り除くことにより、多汗症も同時に治すことができます。アポクリン汗腺は、一度除去すると再生する事はありませんので臭い、多汗共に再発の心配はほとんどありません。
剪除法による治療は保険が適用となり、片わき約20,000円程度の少ない負担で治療を受ける事ができます。

 

(※症状によっては、保険が適用できない場合もございます。予めご了承ください。)

シェービング法 250,000~360,000円

カミソリの刃がついた特殊な器具を小さな切開からさし込み,ワキガの原因となるアポクリン汗腺、多汗の原因となるエクリン汗腺と腋毛を皮膚の裏側からまとめて削り取る方法です。

わきボトックス(夏季など一定期間の効果です) 84,000円

汗の分泌を軽減する効果があります。脇の下の皮膚全体に注射することで、汗の量が軽減されます。 ボトックスは、メスを入れる必要がないので傷跡も残らず、治療も10分くらいで終わり、即効性もあります。効果は、約3ケ月~半年が目安です。 ※当日からシャワーや入浴も可能です。手術に抵抗のある方や、体をどうしても動かすことが多く手術が難しいなどの方などにはおすすめです。

ミラドライ治療法 350,000円~450,000円

ミラドライは皮膚を切らずにマイクロウェーブで汗腺にダメージを与え、わきが・多汗症治療をしていく最新の治療法です。 ダウンタイムもほばなく、治療後すぐに日常生活へ戻れるのも魅力の一つとなっています。より詳しくはミラドライのページをご覧ください。

わきが度チェック

下の項目に3個以上にチェックがついたらわきが多汗症の疑いがあります。

  • 常に汗の臭いが気になる。
  • ワキの部分、服が黄ばむ
  • 耳あかが湿っている
  • 家族にわきがの人がいる
  • ワキの毛が多く太い
  • 野菜や魚より肉や乳製品を摂取することが多い
  • 他人に匂いを指摘された事がある
  • 緊張すると手にじっとり汗をかいてしまう

※尚、どんな治療を行ったとしても、汗、臭いは100%なくなる事はありません。 発汗は人間の生理的作用として体温を調節する大事なものですから、完全になくすことは無理ですが、治療をすれば今までより減少する、改善するとお考え下さい。

わきが・多汗症治療の専門サイト

横浜マリアクリニックでは、わきがや多汗症の治療に関する専門的な情報を掲載する専門サイトをご用意しております。
より詳しい情報はこちらをご覧下さい。

マリアクリニックのわきが治療について更に詳しく

当院では、剪除法(せんじょほう)による保険適用でのわきが手術だけではなく、シェービング法などのより効果や副作用の面ですぐれた施術や、ボトックス注射によって症状を和らげる手法 。さらに、傷跡を作らないワキガ手術法であるミラドライなど複数のわきが治療方法をご用意しております。
更に詳しいわきが手術に関する情報は、下記の専門サイトをご覧下さい。

わきが手術専門サイト

ページの先頭へ戻る