ミラドライによる
わきが・多汗症治療

ミラドライなら、切らずにわきが手術並みの高い効果

横浜マリアクリニックのミラドライ治療

ミラドライは、お肌の表面に傷をつけることなく、わきが・多汗症の原因である汗腺を破壊する治療です。
剪除法などのワキガ手術と同等の効果がありながら、ダウンタイムが格段に少ない点が魅力。翌日から日常生活に戻ることもできます。もちろん、傷跡の心配もありません。

ビューホットなど、「切らない最新わきが治療」と呼ばれるものはミラドライの他にもいくつかあります。
その中でミラドライは、ワキ汗に対する治療効果が米国FDAに認定された唯一の医療機器です。
さらに、ミラドライはすでに世界中のクリニックで導入されていますから、症例実績も豊富。

横浜マリアクリニックは、横浜で初めて、日本国内全体で見てもいち早くミラドライを導入したクリニックです。
神奈川・横浜でミラドライによるわきが・多汗症治療をお考えの方は、横浜マリアクリニックへご相談ください。

わきが手術(保険適用)など、他のわきが・多汗症治療についてはこちら

横浜マリアのミラドライ治療のポイント

1. 日本でいち早くミラドライを導入!豊富な症例実績

横浜マリアクリニックでは、横浜で最初にミラドライを導入

マリアクリニックは、ミラドライの導入以前から長年わきが・多汗症治療に取り組んできたクリニックです。

わきが・多汗症で悩んでいる方は数多くいるにも関わらず、わきが手術はどうしてもダウンタイムがあるため、治療に踏み切れずにいる人は少なくありません。
できるかぎり負担が少なく、効果の高いわきが・多汗症治療を患者様にお届けするために、当院では日本でいち早くミラドライ治療を導入しました。
横浜で最初にミラドライを導入したのが、横浜マリアクリニックです。

マリアクリニック・グループは、日本のミラドライのパイオニアとして全国のクリニックをリード。国内最多規模の症例実績を積み重ねてきました。

2. 治療法の改良で、治療効果の増大+副作用の軽減を実現

元々、ミラドライは米国で、西洋人の体質に合わせて開発・設計された医療機器です。
アジア人に対して通常どおりに治療を行うと、腫れ・しびれなどの重い副作用を引き起こしてしまうリスクが高い点が問題視されていました。

マリアクリニックでは、わきが・多汗症に精通した医師陣が知恵を持ち寄り、ミラドライの機器メーカーと共同して「日本人のためのミラドライ治療」を求めて研究を重ねてきました。
その結果、麻酔方法や、ミラドライ照射の方法・レベルを患者様に合わせ適切に行うことで、副作用を減らすだけでなく、治療の効果そのものを高める治療法を確立

現在も、患者様への負担軽減やさらなる効果の増大を目指し、日々治療法の改善を続けています。

3. ワキガ・多汗症治療全般に精通した医師による施術

わきが・多汗症に精通した医師によるミラドライ

ミラドライは現在、多くのクリニックで取り入れられている治療です。中には、わきが・多汗症治療について十分に精通していない医師が施術を担当するケースも。
ミラドライは、一見「ワキに機械を当てるだけ」という簡単な治療であるかのように見えますが、担当する医師によって治療効果や副作用の重さには差が生まれるものなのです。

横浜マリアクリニックでは、剪除法などミラドライ以外のわきが・多汗症治療全般に精通した医師が施術を行います。
患者様お一人お一人の汗腺の分布範囲や皮膚の厚さ・季節や体調によって変化する汗の状態に合わせ、安心&確かなミラドライ治療をお届けします。

ミラドライによるわきが・多汗症治療の仕組み

1.ワキの汗腺を狙ってマイクロ波を照射

ミラドライの仕組み①マイクロは照射

わきが・多汗症の原因である汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)は、皮下2~3mmの層に集中しています。
この層を狙って、ミラドライのマイクロ波を照射します。

2.マイクロ波のエネルギーは水分子に吸収されて熱に変わる

ミラドライの仕組み②汗腺を破壊

ミラドライのマイクロ波のエネルギーは、水分子に吸収されて熱に変わる性質があります。水分を多く含む汗腺は熱によって破壊されます

ミラドライのマイクロ波は、表皮・真皮を通過したあとは皮下脂肪層で抵抗を受ける設計になっています。
このため、エネルギーは汗腺の多い真皮層と脂肪層の境目付近に集中し、汗腺以外への影響は最小限に抑えられています。

3.ミラドライの冷却機能により、やけどの心配はありません

ミラドライの仕組み③冷却機能

ミラドライには「ハイドロセラミック・クーリング」という冷却システムが搭載されています。
この機能によって。表皮から真皮にかけての層は熱から保護されます。
やけどを起こす心配はありませんので、ご安心ください。

ミラドライ治療の流れ

Step1. カウンセリング・診察

ミラドライ治療前のカウンセリング

まずは、医師がお悩みの症状について詳しくお伺いし、治療のご説明をいたします。
気になる点やご不安な点がございましたら、遠慮なくお話しください。

当院では、無理な勧誘や治療の押しつけはいたしません。
「まずはミラドライの説明だけ聞きたい」
「自分がわきが・多汗症であるかどうか確認したい」
このような方も、もちろん大歓迎。
医師のカウンセリングは無料です。どうぞお気軽にお越しください。

Step2. ミラドライ治療開始・マーキング

ミラドライのマーキング

ミラドライ治療は、照射部位のマーキングから始まります。
お一人お一人の発汗場所と毛の位置に基づいて、照射位置を示すテンプレートを脇へ転写します。

Step3. 麻酔

ミラドライの麻酔

ミラドライ治療は、局所麻酔で行います。
ワキの複数箇所に麻酔注射を打ちます。
最初はどうしても注射の痛みがありますが、すぐに感じなくなります。

言うまでもなく、麻酔は治療中の痛みを感じさせないために行うものです。
ただし、横浜マリアクリニックでは、治療効果を高め副作用を軽減させるために、麻酔を打つ箇所や量に工夫を加えています。

麻酔の注射後、5~10分程度待ってからミラドライの照射を開始します。

Step4. マイクロ波の照射

ミラドライの照射

マーキングに沿って機器を当て、マイクロ波の照射を行います。
麻酔が効いていますので、照射中の痛みはありません。
照射にかかる時間は、片側20分程度です。

Step5. 照射部位の冷却・治療完了

ミラドライ照射部位の冷却

施術後は、約15分治療部位を冷却してミラドライ治療は終了です。
ミラドライ治療に入院などの必要はありません。
手術後には、医師からアフターケアについてご説明いたします。

ミラドライのアフターケア・術後経過

ミラドライのアフターケア

ミラドライの治療後には、痛み止めと塗り薬、アイスパックをお渡しいたします。
術後当日は、麻酔が切れると照射部位がジンジンと痛むことがあります。腫れを早く引かせるために、アイスパックで脇を冷やすようにしてください。

シャワーは施術当日から可能です。
翌日からは基本的には通常通りの生活を送ることができますが、長時間の入浴や激しい運動はしばらくは避けていただくことをおすすめします。
多くの場合、目立つ腫れは1週間ほどで収まります。

ミラドライモニター募集中!

横浜マリアではミラドライモニターを募集しています

横浜マリアクリニックでは、よりいっそう患者様にご満足いただけるミラドライをご提供できるよう、日々治療精度の向上に努めております。
そのため、現在、ミラドライ治療のモニターにご協力いただける方を募集しております。

ミラドライモニターの募集人数は、月ごとに定員がございます。
定員に達し次第、募集を終了いたします。ミラドライモニターをご希望の方は、ぜひお早めにお問い合わせください。

ミラドライモニターの内容

ミラドライモニターの内容は、ワキ部分の撮影や簡単なアンケートの回答のみです。
顔や名前など、個人が特定される情報が公開されることはありませんので、ご安心ください。

ミラドライモニターの場合も、治療内容は通常のミラドライ治療と同じです。経験豊富な医師が治療を担当します。
横浜マリアのミラドライ治療を、お得なモニター価格で受けられるチャンスです。ぜひご利用ください。
ミラドライモニターの詳しい内容や、モニター価格については。お気軽にお問い合わせください。

ミラドライの料金

  価格(税込)
ミラドライ 通常プラン
(両わき1回)
350,000円
保証付きプラン
(両わき1回+1回保証)
450,000円

横浜マリアスタッフのミラドライ体験談

ミラドライ治療を受けた理由

以前から汗が多いことを気にしていて、手術を受けるか迷っていたのですが、傷跡が残ってしまう可能性があるためなかなか決めることができないでいました。

しかしミラドライなら皮膚を一切傷付けることなく治療できるため、横浜マリアクリニックでミラドライを受けることに決めました。

ミラドライの治療中の感想

最初にマーキングシートで照射エリアを決め、麻酔を打ってもらいました。
痛みはさほど感じることはありませんでしたし、ミラドライの照射中も痛い・辛いと感じることはありませんでした。一時間ほどで終了です。

ミラドライの効果の実感

ミラドライの効果はすぐに現れ、1ヵ月後に行ったヨードテストの結果にはびっくりです。
治療前のくすみに対し、治療後は黒い部分がまったくない!ミラドライ1回でこの効果には本当に驚きました。

(※ヨードテスト…発汗の度合いを測る検査。汗が発生している箇所が黒く反応しています。)

体感的にも本当にワキ汗がでないことが感じられます。
緊張したりすると体が熱くなりワキの汗が気になっていましたが、どんなに緊張したり慌てても、脇から汗がでることはなく、運動しても汗はほとんどかかず、ワキはいつもサラサラです。
科学的な反応結果だけでなく、汗の量が減っているのが体で実感できるというのは本当に嬉しい限りです。

ミラドライの腫れ・ダウンタイムについて

ミラドライの施術後の赤みは2~3日、腫れは1週間ほどで引きました。その間、日常生活にはまったく支障はありませんでした。
切らないことで安全性の高さは直感的に感じられますが、その反面、ミラドライの治療効果には若干の不安もありました。
しかし、実際に体験して、「効果が高い・簡単・ダウンタイムがない」という三つの要素を高いレベルで満たすからこそこのクオリティを誇れるのだなと納得することができました。

これならわきが・多汗症でお悩みの患者さまへ「手術よりも気軽に、高い効果が得られます」と自信をもっておすすめできます。

ページの先頭へ戻る