脱毛方法の種類のご紹介

脱毛方法の種類

方法によって特徴が大きく異なる脱毛

脱毛方法には様々な種類があります。
脱毛の効果を最大限上げていくためには、ご自身の毛質や肌質など、体質に合わせた脱毛方法を選択することが重要です。最近では医療レーザーの治療価格も以前より安くなってきており、価格が安いエステ脱毛とその治療の仕組み等が比較されることが増えてきました。それぞれの脱毛方法の特徴を知り自分に合った脱毛方法を選ぶ事が重要です。

「効果・安全性」が突出している医療レーザー脱毛

医療レーザーは黒い色のみに反応するというレーザーの特性を生かした脱毛法になります。 脱毛したい部分に照射をすることで、毛の中に含まれているメラニン色素(黒色)にレーザーが働きかけを行い、熱変換が行われる事で毛根と毛根周辺の毛包を破壊します。 その上で毛の細胞の再生を行う「幹細胞」を破壊することで永続的な脱毛効果を実現することができる治療法です。

当院で扱うレーザー機器は米国FDA(米国食品医薬品局・日本の厚生労働省に該当)に認定されている最近機器を使用しております。 安全性と効果が担保されている事が医療レーザー脱毛の大きな特徴であり、国からは「医療行為」と正式に見なされているため、エステサロンなど一般の施設では取り扱うことができないことになっております。

エステサロンで主流の光脱毛

光脱毛はフラッシュ脱毛、IPL、プラズマ脱毛など色々な呼び方がありますが、現在エステでの脱毛に採用されていることが多い治療法のことを、まとめて一般的に光脱毛と呼んでおります。 国の規制によりレーザー脱毛は「医療行為」とみなされているため、現在エステではレーザーを使用しない光脱毛を採用さざるを得ない状況となっております。

医療レーザー脱毛と異なり、協力な照射が出来ないため、脱毛効果がそれほど大きくなく、やむなく長期的な治療になってしまう事が特徴でもあります。
またエステでは医師が常勤していないため突発的なトラブルへの対処が出来ない事が注意点です。

効果は大きいがデメリットも大きい針脱毛(ニードル脱毛)

針脱毛も一部のクリニックやエステで行われる治療法になります。 発毛組織を1本1本確実に電気の熱によって凝固させる治療法であり、メリットとしては1本1本治療を行うために光脱毛に比べると効果が見込まれるという点です。

デメリットとしては、痛みが大きいということと、1本1本確実に脱毛することで治療が長期にのが一般的です。 光脱毛と同じく針脱毛は医師が常勤しているわけではないため、突発的なトラブルへの対処が出来ない事が注意点となります。

除毛クリーム

除毛クリームとは除毛成分を含んだクリーム状の製品の事です。 特徴としては、市販で購入可能なため医療機関・エステでの脱毛より低価格で脱毛を行えるということと、取扱いが簡単な為手軽に自分で脱毛が行えるということです。

大きなデメリットとして、「脱毛」と違い皮膚表面の毛を溶かす(厳密にはタンパク質の結合を破壊する)という作用のみになるため永久的な脱毛効果は期待できません。 また、皮膚が弱い方が私用した場合は皮膚が荒れてしまう場合がある等、人によっては使用が難しい場合がございます。

家庭用脱毛機

家庭用脱毛機は主に家庭用レーザーを持ちいりますが、基本的な仕様はエステで使っている光脱毛機器と変わりはございません。

特徴としては使用自体はエステ脱毛と一緒ですが、光の照射レベルが低く設定されているためエステ脱毛以上に効果が見込めません。 自宅で長期的に脱毛処理を行おうとするとかなりの時間を要することとなるでしょう。

毛抜き

脱毛ワックスや脱毛テープを含む簡易的な脱毛方法は、色素沈着・埋没毛・毛嚢炎など皮膚のトラブルになることが多いデメリットがあります。

よって当院で治療の実施はしておりません。

医療レーザー脱毛 詳細メニュー

ページの先頭へ戻る